[ESP32]不揮発性メモリで設定値を保存する方法(preferences/nvs) with Arduino IDE

API

不揮発性メモリで設定値を保存する方法(preferences/nvs) with Arduino IDE

はじめに

ESP32には、EEPROM(Electrically Erasable and Programmable Read Only Memory) は実装されておらず、電源を切っても保持すべきデータはフラッシュメモリを使用します。

ESP-IDF には、NVS(Non-volatile storage) というAPIが実装されており、その NVS を使いやすくした preferences という Arduino core for the ESP32 のライブラリが存在します。

Arduino IDE を使用するので、preferences を使用していこうと思います。

Document
ESP-IDF NVS(Non-Volatile Storage Library)
Arduino core for the ESP32 ライブラリ preferences

👈パーティションテーブルのここを使用します。

開発環境

OS : Windows 11 Pro
ESP32:ESP-WROOM-32
統合開発環境 : Arduino IDE 2.3.2
Arduino core for the ESP32:2.0.17
使用ライブラリ:なし

作業内容

ライブラリインストール

preferences は、Arduino core for the ESP32 の標準ライブラリのため、インストールの必要はありません。

スケッチ作成

テストプログラムのスケッチを作成します。

#include <Preferences.h>

Preferences preferences;

void setup() {
  Serial.begin(115200);
  Serial.println();

  // Open Preferences with my-app namespace. Each application module, library, etc
  preferences.begin("my-app", false);

  // Get the counter value, if the key does not exist, return a default value of 0
  unsigned int counter = preferences.getUInt("counter", 0);
  counter++;
  Serial.printf("Current counter value: %u\n", counter);

  // Store the counter to the Preferences
  preferences.putUInt("counter", counter);

  // Close the Preferences
  preferences.end();

  // Wait 10 seconds
  Serial.println("Restarting in 10 seconds...");
  delay(10000);

  // Restart ESP
  ESP.restart();
}

void loop() {

}
コード説明

カウンタ値をインクリメントしていく内容です。
「カウンタ値を読込む → インクリメント → カウンタ値を書き込み → 再起動」

preferences を開始します。

  preferences.begin("my-app", false);

bool Preferences::begin(const char * name, bool readOnly, const char* partition_label)
引数
・name名前空間名。NULLは不可。15文字まで。
・readOnly — 読込み専用フラグ。
・partition_label — パーティションラベル名。NULLでも可。指定がある場合は、そのパーティションを使用する。
戻り値
・成功(true)、失敗(false)

「counter」キーの値を読み出します。
「counter」キーを作成していませんが、なければデフォルトの値が返ってくる仕組みになっています。

  unsigned int counter = preferences.getUInt("counter", 0);

uint32_t Preferences::getUInt(const char* key, const uint32_t defaultValue)
引数
・key
— キー名称。
defaultValue — デフォルト値。キーが見つからなければこの値が戻る。
戻り値
・読み込んだ値。キーが見つからなかった場合は defaultValue。

「counter」キーの値を書き込みます。

  preferences.putUInt("counter", counter);

size_t Preferences::putUInt(const char* key, uint32_t value)
引数
・key
— キー名称。
・value — 書き込む値。
戻り値
・書き込み成功したサイズ。

preferences を終了します。

  preferences.end();

Preferences::end()
引数
なし
戻り値
・なし

動作確認

シリアルモニタにこのように出力されていれば成功です。
10秒毎に再起動し、カウンタがインクリメントされています。

おわりに

今回のサンプルでは、「unsigned int」の大きさを読み書きしたので、「getUInt」や「putUInt」を使用していますが、サイズにより関数が異なります。

👇読み書き関数の一覧👇

int8_t Preferences::getChar(const char* key, const int8_t defaultValue)
uint8_t Preferences::getUChar(const char* key, const uint8_t defaultValue)
int16_t Preferences::getShort(const char* key, const int16_t defaultValue)
uint16_t Preferences::getUShort(const char* key, const uint16_t defaultValue)
int32_t Preferences::getInt(const char* key, const int32_t defaultValue)
uint32_t Preferences::getUInt(const char* key, const uint32_t defaultValue)
int32_t Preferences::getLong(const char* key, const int32_t defaultValue)
uint32_t Preferences::getULong(const char* key, const uint32_t defaultValue)
int64_t Preferences::getLong64(const char* key, const int64_t defaultValue)
uint64_t Preferences::getULong64(const char* key, const uint64_t defaultValue)
float_t Preferences::getFloat(const char* key, const float_t defaultValue)
double_t Preferences::getDouble(const char* key, const double_t defaultValue)
bool Preferences::getBool(const char* key, const bool defaultValue)
size_t Preferences::getString(const char* key, char* value, const size_t maxLen)
String Preferences::getString(const char* key, const String defaultValue)
size_t Preferences::getBytesLength(const char* key)
size_t Preferences::getBytes(const char* key, void * buf, size_t maxLen)

size_t Preferences::putChar(const char* key, int8_t value)
size_t Preferences::putUChar(const char* key, uint8_t value)
size_t Preferences::putShort(const char* key, int16_t value)
size_t Preferences::putUShort(const char* key, uint16_t value)
size_t Preferences::putInt(const char* key, int32_t value)
size_t Preferences::putUInt(const char* key, uint32_t value)
size_t Preferences::putLong(const char* key, int32_t value)
size_t Preferences::putULong(const char* key, uint32_t value)
size_t Preferences::putLong64(const char* key, int64_t value)
size_t Preferences::putULong64(const char* key, uint64_t value)
size_t Preferences::putFloat(const char* key, const float_t value)
size_t Preferences::putDouble(const char* key, const double_t value)
size_t Preferences::putBool(const char* key, const bool value)
size_t Preferences::putString(const char* key, const char* value)
size_t Preferences::putString(const char* key, const String value)
size_t Preferences::putBytes(const char* key, const void* value, size_t len)

コメント

タイトルとURLをコピーしました